もみじ饅頭 白もみじ

つぶ内容: ミルク白あん

広島県内の牧場で育てられた乳牛から絞った生乳を特製の白餡に練りこみました。
真っ白な餡は、ほどよい甘さと後に残るミルクの風味が絶妙にマッチ。
小さなお子様にも好まれる優しい味のもみじ饅頭に仕上がりました。

 


     広島土産 もみじ饅頭誕生の話。

明治40年に伊東博文公が<もみじ谷>に遊びに来られ、茶屋の少女の可愛い手を見て、「もみじのような可愛い手」とおっしゃった言葉をヒントに開発されました。
    その後、B&Bというお笑いコンビのギャグで一世風靡し、広島といえば「もみじ饅頭」というまでになったのです。

<やまだ屋>
    とは昭和7年より宮島でお菓子製造業をしており、今ではもみじ饅頭と言えば必ずその名前が出てくる名店として宮島で商いをされておられる由緒正しいお菓子屋さんです。