コンテンツ

沿革

1892年(明治25年)

国内でもまだ珍しい輸入食料品店として長崎屋を創業。

創業者 長崎 宇太郎
創業者 長崎 宇太郎

天性進取の気性に富み、国内でもまだ珍しい、輸入酒・輸入食品・輸入雑貨などのモダンな品々を扱い、度々の改装をするなど、常に新鮮さを誇った店は、お客様の気持ちを他へそらす間もあたえない、と言われるほど魅力を持っていた。また豊かな趣味人でもあり、以後の腕前は玄人はだし。興がのれば小唄などで、まわりの者を楽しました。

1929年(昭和4年)

合名会社に組織変更。長崎 清 社長就任

2代目社長 長崎 清
2代目社長 長崎 清

戦後の焼け野原へ店舗を建て商品不足の営業は容易でなかったが、戦前の長崎屋に復興させることに懸命の努力を重ねた。商業界ゼミナールへ参加しては勉強し、あるいは商店街全体の発展のためにお世話をし、恵まれた健康を常に活かして綿密な計画り練り、スーパーマーケットのチェーン化を展開した。信条として、「人より一歩先に」「腹をたてない」などがある。店の建設、再建に努力し生涯を店の経営に投じた。丸顔に屈託のない性格は人々に広しく親しまれていた。

1947年(昭和2年) 本通り(現在の場所)に移転、新築開店。
1959年(昭和34年) 株式会社に組織変更、株式会社長崎屋設立。
1963年(昭和38年)
スーパーマーケット部門として、「スパーク吉島店」開店。
1964年(昭和39年) 惣菜工場開設。
1966年(昭和41年) 洋菓子工場開設。
1978年(昭和53年)

スーパーマーケット部門を分離し「株式会社スパーク」を設立。
「株式会社スパーク」を設立。 長崎 清正 社長就任
「株式会社長崎屋」 長崎 清信 社長就任

3代目社長 長崎 清信
3代目社長 長崎 清信

食料品専門店としてあるべき姿を追求し、より専門的知識を充実し、食料品・広島名産品のより安全で魅力のある商品づくりを通じて広島の食文化の向上に取り組む。先代社長とともに学んだ、「商業界ゼミナール精神」を実践し、創業二百年を目指してさらに前進を続け、食文化の向上のために事業の発展取り組んでいる。

1980年(昭和55年)
長崎屋グループ 年商100億円達成。
1984年(昭和60年)
株式会社長崎屋新築開店。
2008年(平成20年) 広島の名産品専門店として新築開店。
2012年(平成24年) いい店ひろしま顕彰事業で「いい店ひろしま」を受賞。(539店舗中10店舗が受賞)